FC2ブログ

ちょっと前に読了したトクサツガガガの感想を書くよ

・トクサツガガガ
04 /07 2021
最近、また更新が滞っていました。お久しぶりです、ポットです。

さて、タイトルの通りちょっと前に読み終わったトクサツガガガの感想を書きます。

1巻の感想は熱量十分に書いてオタクあるあるに感心させられたものですが、その後の展開が同じことの繰り返しが多く、最後までよく読めたなーといった感じです。

とはいえ、取り扱っているテーマや大人であり、社会人という立場のオタクというものを良く描いているなというところは否定するものではありません。

主人公の中村さんが女性であり、特撮好きということでそれを否定する母の魔の手からどう逃げ切るか、ヲタバレした後にどう和解するかというところは最大のテーマであり落としどころを上手くつけたなというところではあります。

その後、小学生の特撮仲間ダミアン君が嫌々ながらも趣味から離れ、全てに淡白になり、再びどう連れ戻すかが後半のメインテーマになっていきました。

子供に夢や希望を与える特撮がテーマですから友情、努力、勝利で物事を解決!というのは分かりますが特撮の言葉を借りて力業で何とかするというような展開があまりにも多かったかな、というのが正直なところ。
ある意味でダミアン君、ここで趣味を諦めるというのも展開としてはアリだったのかな、と。

別に余裕が出来たらまた中村さんみたいに好き勝手やればいいんだし環境や付き合う人が変わればある程度選ばなければ取捨選択しなければならないところは出てきますからね。現実そういう人は出てくるものじゃないですか。その辺りもリアルに描けていればなと感じました。

とはいえ、ハッピーエンドで終わり、普段の日常がこれからも続くよ!という特に大きな変化もなく終わったのがこの作品らしいかな、と思いました。

20巻という長期連載、お疲れさまでした!




トクサツガガガ DVD BOX
吉田美佳子
Happinet
2019-09-03

スポンサーサイト



今更ながら「よりもい(宇宙よりも遠い場所)」見たから感想を書くよ

さらっとアニメの感想
02 /21 2021
 どうも、ポットです。明けましておめでとうございます。
 今更新年のあいさつかい!という感じなんですが今更ついでに最近「よりもい」、宇宙よりも遠い場所というアニメを見たのでその感想を書きます。
 よりもいといえば…

【作品紹介】

 『宇宙よりも遠い場所』(そらよりもとおいばしょ、A Place Further than the Universe)はマッドハウス制作による日本のテレビアニメ作品。略称は『よりもい』。2018年1月から3月まで、AT-X、TOKYO MXほかにて放送された。Wikipediaより引用)





 と、2018年放送と、もう3年前のアニメになります。当時3話くらいまでは見ましたが他の作品を見ていて(なにかは忘れたが)、「後で見ればいっか~」という感じですっかりそのままになっていた作品です。
 作品の評価としては2018年12月にアメリカ、ニューヨーク・タイムズ紙において「2018年もっとも優れたテレビ番組(The Best TV Shows of 2018)」の海外10作品に選出、第22回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品となるなど高い評価を得ていますし、ネットなどでも悪い評価はあまり聞かないし、再放送もやってるしで見てみたいな~とは思っておりました。
 前置きはこれ位にしてとりあえず感想。3年前の作品なのでネタバレも多分に含んでいますがそこはいいよね!

【感想】
 結論から申し上げますと良かった、というとすごく月並みなんですが。ちょっといくつか良かった点を挙げて掘り下げていきましょうか。

・キャラクターの距離感がちょうどいい
作品としては13話の中で前後編。ざっくりいうと1~5話が南極に行くまで、6話~13話南極に向かうところから、着いて、帰るまでと分かれてます。
 女子高生4人が南極を目指す話ですが、同じ学校のキマリ、報瀬はまだしも(しかも、キマリの親友はめぐっちゃんだし)、日向はフリーター、結月は北海道在住の芸能人と元から仲が良いわけではありません。
さらに3話で結月に指摘されたときに「親友じゃないよ、出会ったばっかだし」というような発言もしていますし、よくありがちな出会って知り合ったから仲間、「俺たち、もう仲間だろ?」といった某海賊漫画に出てきそうな展開にすぐなるわけでもありません。
 実際知り合ってからそんなすぐに友達になんかなれないじゃないですか。そのあたりはリアルでよかった。

・南極に行ってから人間関係を深めていく展開
 アイドルを題材にした作品になんか良くありますが、なるまでは紆余曲折はあってなってからもトラブル展開、みたいなのはありますがこの作品は行くまでが目的、そこまでに人間関係もできて南極エンジョイして終了!みたいな展開でなく、行ってからも報瀬が何で南極来たのか改めて確認したり、結月がきっかけで友達について再認識したり、日向の過去との戦いだったりと行ってからも各キャラクターを掘り下げていき、南極行ったらダレるといった展開がなかったのが良かった。
 だけでなく、船内や南極の過酷さ、風景だったり観測隊との新たな人間関係の構築だったりもバランスよく描けていたかな。

・女子高生が南極に行くという無理難題、荒唐無稽な展開をよくまとめていた
 一見無理難題そうなテーマ現実とかけ離れていそうなテーマなのに何のとりえもないキマリを始めキャラクターが非現実的な存在でないこと、時にシリアスに時にコミカルに、各キャラクターを描き、良いドキュメンタリー的な作品に仕上がっていたと思う。
 狙った萌えキャラ的なのも登場しなかったあたりも万人受けしそうでよいのではないかと感じた。
 「ノーゲーム・ノーライフ」制作チームがやっていたと知ってビックリした。ノゲも2期やってくれ。

 と、久々にまじめに感想を書いてしまいましたが、今季アニメとかも積極的に見てないうちに2月も終わり…そろそろ4月からのアニメも調べてみようかな~といった感じ。見てないのいろいろとあるけど次は何を見てみようか。

コロナ禍で考える同人業界の現状と今後

・雑記(その他)
08 /16 2020
 どうも、ポットです。
 先日のビッグサイト現地に行った後に、今後コミケってどうなるんだろうという話を12街としたのでそれを記事にしようと思います。

ポット(以下ポ):しかし、本当に今年は全くコミケをやらない年になるとはね。

12街(街):本当にね。

ポ:こういうイベントやらないと同人とか今後、どうやって売っていくんだろ、通販はあるけど自分は現地いかんといまいち買う気がしないんだよね。

街:それな。企業ブースも最近は事前通販とかやってるところ多いけど、現地で手に入れるからこそ、現地に行ったからこそ買うっていうところあるよな。実際コロナの影響でとらのあなが潰れたり、通販だと同人誌が売れないっていう現状もあるみたいだしな。


(参考)【悲報】同人作家「助けて!同人誌が通販でも売れなくて同人活動続けられない!」


ポ:確かに通販だと送料手数料とかかかるし、まとめて買うならまだしも、本命の本だけとか買うなら高くついちゃうもんなあ…

街:そもそもその「本命」が特に最近ないっていう…

ポ:同人サークルに行かなくなった所以だよねぇ…毎クールのアニメの数の多さや、人気作品のはやりすたりのスタイルが早すぎるし、自分の場合はそもそもほしい本を調べて買うって行為があまり発生しないかな?昔ほどこの作品の絵師が~とか細かく調べなくなっちゃったし。

街:イベントあればコミケ4日目とかで店に足運んだりとかもあるしな。そもそも実店舗にあまり行かないしな。

ポ:自分もそうだな。通販で漫画は買ったりするんだけど、それでも、いつも買ってるものに偏っちゃうもんなあ…実際にモノを見てみないと、話題になってるもの以外は衝動買いって行為が発生しないというか…。それはそれで財布のひもが緩まないのはいいけど。

街:勢いで買うって感じか。

ポ:そうだね、周りの雰囲気に乗せられるってのはあるよね。コミケだから買うってみたいな。

街:そもそも最近は色んなコンテンツがあるからイベントで同人誌が買えなくてもいいやってのはあるんじゃないかな?楽しむものは他にあるみたいな。

ポ:確かに、選択肢は多いよね。エロの話で申し訳ないけど自分が学生の時はエロ本やエロゲとかだったけど、今やフィルタリングとかなしにすれば小学生でも簡単にネットでエロい動画とか見れちゃうしね。段階を一気に飛ばして。だから、エロゲとかも売れなくなったに違いない!(ドヤ顔で)あえて本やゲームでなくても良くなっちゃったもんなあ。


街:それはどうかわからんけどエロゲも売れてないってのはあるだろうな。本屋にパソパラとかあった時代が懐かしい…

ポ:懐かしい!!パソコンパラダイス!!年代がバレるwww

街:最近はVketとか今年だとエアコミケが開催されたし、今後はコミケの在り方も変わってくるんじゃないかな。

(参考)バーチャル同人誌即売会「Comic Vket 1」スタート 感染リスク冒さず作品頒布

ポ:確かに、最近は企業なんかにもVtuber系の企業が出てきたりしてるし、人気なコンテンツではあるしね。コロナが流行ってる今、感染リスクも避けられるし、何より暑い、寒い思いをして現地に足を運ばなくていいっていう最大のメリットがあるしね。遠方者なら特に。

街:今後は、リアルならコミケ、ヴァーチャルならVketって住み分けがされていくんじゃないかな?

ポ:うまく住み分けできていけばいいけどお互いが食い合って衰退していくって状況にはならないでほしいね。

(参考)コミケ運営・赤ブー・コミVに聞く コロナ禍で浮き彫り、同人誌即売会の「役割」と「これから」

エアコミケ2020(夏コミ)

・コミケ
08 /15 2020
 2020年のコミケ(5月開催)はコロナの影響で残念ながら中止となってしまいました。
エアコミケにも個人的に(前回の記事参照)参加しましたが、この時期になるとどうにも気分的に何か物足りない...
コロナ禍の今ではありますが、あえて夏だからこそ会場に行って気分を味わいたい!
 というわけで行ってしまいました、現地に。

 しかし、行ってみてコミケ運営の公式を見て気づきましたが、例年に倣うと日程の並び的には7日が開始日でした...大抵8月二週目ですもんね。失敗しました…。

 まあ、この時期の現地の雰囲気を味わえただけでも良しとしましょう。
DSC06744.jpg DSC06745.jpg

 やはり、お仲間もちらほらと見られました。
 
DSC06748.jpg

 最近は企業優先なので青海が多くなっちゃったけどやっぱりこっちが落ち着くなあ。

 ビッグサイト内のセブンイレブンですが、5月に訪れた時と変わらず依然として休業中でした。

DSC06746.jpg

 まあ、それはそうですよ、人が来ないのにやっている理由はないですもんね。
 向かいのタリーズや下のフロアのレストランはもちろん、施設もすべて閉鎖されていました。

DSC06747.jpg DSC06749.jpg DSC06750.jpg DSC06752.jpg
DSC06753.jpg

 例年ならば夏の暑さに会場の熱気も加わり、雰囲気が最高潮に達しているであろうこの場所が閑散としており、当たり前のように行われていた夏の祭典が本当に中止なんだな、と改めて認識させられました。

 ひとしきりビッグサイトを回ったあとに、青海会場にも向かいましたが、8月に入って本格的な夏が到来したのに加えて、コロナ禍で家に引きこもることが多くなった今年は例年ならば何のこともない会場移動がとても辛いものに感じました。何度、涼をとるために休憩を挟んだことか。

 DSC06757.jpg DSC06759.jpg
 めちゃくちゃ夏の空っぽくないですか?

 まあ、そもそもオリンピックで今年はこの時期には開催されなかったわけではありますが。
 コロナが収束し、オリンピックも終わり、通常通りの夏コミを早く楽しみたいものです。
 冬コミも無くなり今年は楽しみがなくなってしまいましたし、はよ。
 
 今年のコロナの影響でVketやエアコミケなど新たな取り組みが生まれ、今後は現地に行かずともこうしたイベントに参加できる、商品が労せず買えるという状況に変化していくことでしょう。
 しかしながら、現状通販などで同人誌の売上が下がり、とらのあななど店舗が減少するなど打撃を受けているのも事実です。
 リアルにはリアルの良さが必ずあります。じゃなきゃ、こうして現地に行って雰囲気を味わおうという発想にはなりません。
 その想いについてはまた別な記事で書きたいと思います。

C98

・コミケ
05 /05 2020
GWいかがお過ごしでしょうか?どうも、ポットです。

いやー、ついに終わってしまいましたねC98!

今回は残念ながら新型コロナウィルスの流行ということでエアコミケという形で開催となってしまいました…

とはいえ、私も例年にならって前日は企業ブース出展一覧にて商品をみて品定めは致しました。

やっぱり、エアとはいえ、ワイワイやりながら色んなブースをみてる時間は楽しいものです。
毎回結構ギリギリになってしまうというお約束はありますが(笑)

世間ではstay homeと言われ自粛ムードもありますが、初日には現地に足を運んでしまいました、撮影するだけしてすぐに帰りましたが。

2020050518164452e.jpg


20200505181756dad.jpg


20200505181854883.jpg


20200505181955c23.jpg


セブンイレブンも休業してました。

20200505182316fe7.jpg


2020050518270738d.jpg


2020050518274438e.jpg


20200505182805c31.jpg


20200505182829ef7.jpg


20200505182850fb1.jpg


202005051829074fc.jpg


20200505182925534.jpg


2020050518294577f.jpg


やはり同じような方は何人か見受けられました。

次回はC99参加できるかな…

夏コミではなく、春コミでしたが残念ながらの中止、コロナが終息したら何か代わりにイベントがあればいいんですがさすがに何もないかな?

夏が来ずに夏が終わった感じがして寂しいですね…
嘆いても仕方ありませんが…

では、また次回のコミケで!

05/02のツイートまとめ

・雑記(その他)
05 /03 2020
pottopetoru

普段で言えばKADOKAWA辺りがカオスってる頃か…#エアコミケ
05-02 14:02

03/16のツイートまとめ

・雑記(その他)
03 /17 2020
pottopetoru

コロナによる辞退もなにもそもそも落選だったよ#コミケ
03-16 18:06

久米田康治/ヤス 『なんくる姉さん』 (全5巻)

・読破したもの
03 /11 2020
どうも、ポットです。

積み本読破シリーズ第二段、今回は『じょしらく』コンビ再びの、『なんくる姉さん』です。

1巻は大分早くに買っていたと思いますが、その先は他の本に埋もれ、何巻を買ったのか買ってないのか?という状態が続き、漸く全巻揃えての読破です。

【作品紹介】
いろんなことが気になりすぎて、つい当たり障りのない人生を送ってしまう「気にしい」の青年・木西一茶(きにしいっさ)。悩める彼はある日、何事にも堂々としてブレのない、謎めいた褐色美女と出逢う。一茶はそんな気になる彼女をストーキング(!?)するのであった‥‥! 『じょしらく』の久米田康治&ヤスが再びタッグを組み、情報過多の世の中をなんくるナイズする、南国“風”コメディ、開幕さー!!(ヤンマガ公式サイトより)

以下、感想。

タイトルはなんくる姉さんと、なんくるないさをかけているような感じですが、作品紹介の方に南国“風”とある通りあくまでも登場人物の通称、なんくる姉さんが沖縄チックな雰囲気を醸し出しているだけで基本的には、気にしいの主人公木西一茶と主人公を取り巻く登場人物たちのコメディです。舞台は埼玉の入間ですし(笑)

じょしらくのと比べると、ヤス先生の絵は相変わらずの安定な感じでしたが、久米田先生のギャグは若干の社会風刺寄り、そして、ツッコミキャラが少ないため、主人公一茶の暴走や勘違いが過ぎており、それを回収する場面もなかったため、作品のリズム感が悪い印象でした。
キャラ自体はみんな悪くなかったと思うんだケドなー…

このコンビなら作品の人気次第ではアニメ化あっただろうに、と少し残念な印象でした。

最後には姉さんの謎も解け、すっきりした終わり方に持っていっていたのでそこはよかったか。

久米田先生と言えば、来月『かくしごと』がアニメ化しますが、この作品は1巻読んで、先を買っていないのでアニメを見て買うかどうか検討中な感じです。

山田参助 『あれよ星屑』(全7巻)

・読破したもの
03 /05 2020
 ポットです。
 久々に読んだ本の感想でも。





 全7巻。以下、あらすじ。

 敗戦直後の焼け野原の東京で復員兵である川島徳太郎は、闇市で雑炊屋を営む傍らで酒に溺れる毎日だった。そんな折に軍隊時代の部下である黒田門松と偶然再会する。黒田へ故郷に帰るように勧めるものの、若さに感けて無鉄砲に生きる黒田は川島の変貌ぶりに驚きながらもそのまま居着いてしまう。
酒に浸り死を見つめる男と生に翻弄される男二人、それを取り巻く人々の現在と過去の物語である。 (Wikipediaより引用)

 一度途中まで読んでいて買い足した以降、ずっと積み本になっていた作品であります。
 舞台は戦後日本、焼け野原になった東京です。
 復員兵の元一等兵黒田門松、その上官の川島徳太郎が闇市で偶然再会するところから物語がスタートします。
 
 戦後日本の雰囲気がひしひしと伝わってくる作画、闇市、パンパンガール、進駐軍慰安婦など中々教科書では学ぶことのない戦後日本がこの作品の中にはあります。戦時中、戦後の風景が交互に描かれ、その中で戦争から生き残ったことによる川島の苦悩や強く生きようとする門松を始め様々な登場人物の姿が、時折コミカルに、シリアスに生き生きと描かれ、飽きることなく終盤まで読み進めることができました。

 戦争漫画だとどうしても戦時中の話、戦争の悲惨さなどが描かれがちですが、戦後すぐのこうした微妙な時代を描く作品ってなかなかないと思うんです。しかしながらこの時代で生き永らえ、そこからどう生きるかというものを表現し、魅力ある漫画に仕上げている。話題に上がった本ではありますが、まだ未読の方はぜひ読んでいただきたいと思います。

 うまくまとまりませんが、この辺で失礼します。
 
 

 

・雑記(その他)
01 /10 2020
コミケで購入したうどんを開封してみました。
ごちうさ

DSC_0293.jpg DSC_02955.jpg

ゆゆ式

DSC_0296.jpg DSC_02971.jpg

乾麺と違い腰があって食べやすかったです。
本格的な讃岐うどんが食べたくなりました。

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。