グリードパケット (4)

・グリードパケット
11 /28 2010
今回は再びカシスお姉さまが登場!

男でありながら女学園の生徒会長に就任してしまいますw

ちなみに副会長はノキア、そしてプリケ、生徒会顧問としてパンテックが生徒会メンバーに。

そのカシス(♂)が生徒会長に就任したのをよく思わない生徒の生み出した幻想に襲われたり、学園祭演目と称して幻想を倒したりと学園生活にも幻想が登場し、相変わらずの戦いの日々。

しかし、カシオ始め生徒会メンバーは学園祭というものを体験したことがないんですね。
何というか寂しいですな。


そして、今回の注目は殺幻鬼(デスマキナ)と呼ばれていた頃のカシオの話。

幽霊が出ると噂の第2校舎に入ったカシオとソニィ。

探索しているうちに床下に落ちてしまう。

閉じ込められた二人、そしてソニィはカシオの過去を聞き出す。


殺幻鬼と呼ばれていた頃のカシオは幻想に荒らされた現実を“ゲーム”、現実逃避しているゲームの世界を“現実”と呼び、現実に幻滅していた。


そして、カシオの前に倒すのが不可能と言われる幻想が現れる。

死にかけるカシオ、そこでカシオは自分を見つめ直す。

その幻想を倒そうとするとケータイからノキアが現れる。

無事幻想を倒したカシそして再び現在、目の前に再び当時の幻想が現れる。

しかし、それはパンテックが作った機械が生み出したものだった。


あと、今回気になるのはカシオが過去に倒した撃退不能の幻想を破壊したことで歴史を書き換える特異点として目を付けられていること、ソニィが不死身っぽいこと(この子もノキアとかと同じ?)、ケイスの口振りからすると月の記憶を人間から消したことが幻想の原因になったということが明らかになるなど気になる点を残しながら次巻へ!

グリードパケット∞ 4 (電撃コミックス)グリードパケット∞ 4 (電撃コミックス)
(2010/11/27)
榎宮 祐

商品詳細を見る
スポンサーサイト

グリードパケット3

・グリードパケット
01 /31 2010
頭上に現れた月。

その正体は魔法の源でありゼノリアルネットワークであった。

そして、さらわれたままの表ノキア。

ソニィの執事セラとの対決、敗北。

パンテックとの対決、ノキアの救出。
など。
内容は盛り沢山。
ゼノリアルネットワークの真実も次第に明らかになり、核心には迫っているのですが、話が進みすぎていまいち理解仕切れてませんw

管理局の思惑やソニィの父親の登場などまだまだ話は残ってそうですな。
しかし相変わらず裏の「お兄ぃ」は反則的ですなw

やっぱり理解が足りないからかあんまりうまくかけんなぁ…

グリードパケット∞ 3 (電撃コミックス)グリードパケット∞ 3 (電撃コミックス)
(2010/01/27)
榎宮 祐

商品詳細を見る

グリードパケット(2)

・グリードパケット
04 /30 2009
本がたくさん積まれておりますが、本と生ものは新鮮なうちにと思い先日買ってきたグリパケ2巻読みました。


では、2巻を読んだ感想。(※以下感想ということで、ネタばれ注意)




まず、幻想がある女学園から大量発生をしているという情報を貰ったカシオ、ノキア。
そのため、しぶしぶカシオは女子高へ潜入。
まさか女装して女子高に潜入とは!!!さすが、カシオ俺たちにできないことを(ry
初めての方のためにカシオとノキアは携帯電話から魔法をダウンロードして不定期的に出現する「幻想」と戦うという携帯使いの二人組。簡単にいえば賞金稼ぎのような感じ。
しかし普段の生活拠点は段ボール。賞金稼ぎとはいっても不定給、しかも移動が便利なため段ボールがちょうどいいとのこと。
しかしその中身は・・・。
内装、めっちゃ豪華やんけ!しかも電気代は自家発電という素晴らしい生活水準ぶり。没落貴族ソニィお嬢様も憧れる素晴らしさ。

話は戻って学生生活。女装のカシオはプールという最大の危機を迎えるも、一度はスク水に着替え覚悟を決める!!そして、ノキアも紐水着!?何考えてんだこいつらは。ノキアはいいかもだがカシオなんて「やらないか」になっちゃうよ。さすがにカシオはプールには入らず。
そこで、不思議な少女と会う。

未来を予言するという彼女。しかも、カシオの正体を知っている。
幻想の大量発生はまさかこの子が・・・という思いを抱き、カシオ、ノキアらは校舎の探索に当たる。カシオは第二、ノキアは第一校舎へ。第二校舎は霊界とつながっている、自分の将来の相手が見つかるなどと噂があるいわくつきの場所。
そこで、カシオが見たものは。15年前に故郷を滅ぼした幻想、それとともに息絶えた妹だった。
そして、それを発生させたのは変わり者といわれている、化学教師パンテックと、その相棒はカシオがプールで出会った少女プリケだった。共にいたのは囚われの身となったノキア。
妹の代替品といわれたノキア、過去の幻想を見せられたカシオ。しかし、カシオはその幻想を打ち砕く。イマジンブレイカーカシオ(笑)。は置いておいて・・・。今を生きているカシオには過去の幻想など通用しなかった。そして、カシオはノキアをそっと抱きとめる。
パンテック、プリケ両名が立ち去り、ノキアも助けだしたカシオ。すべてが戻ったと思ったその時、表ノキアはパンテックらにさらわれていたことが判明。そして、幻想の大量発生もカシオらが犯人だという疑惑がかけられ、ケイスはカシオらの確保を命じる。そして裏切られた形となったカシオはその場から脱出する。

カシオらはテロと称し、内閣直属の情報機関を乗っ取り、パンテックらの行方を捜す。しかし、いくら探してもめぼしい情報が手に入らなかったが、交渉にきたケイスのアドバイスを受け、パンテックらは衛星にアクセスして幻想を発生させていることをつかむ。

潜伏場所に向かったカシオ、裏ノキア。しかし、裏ノキアはなぜか乗り気ではない様子。
どうやら表のノキアを救い出すため躍起になっているカシオの姿を見、自分はあまり大事にされていないのではないかと思ってしまっているよう。
プリケにそこを付け込まれ、カシオはノキアに致命傷を負わされる。
すべてが終わったと思われた時、未来を「過去の延長」すでに確定しているというプリケに対し、存在するのは現在だけとそのような状態で言い捨てるカシオ。

一枚上手だったのはカシオらだった。最初からすべてが演技、プリケに反撃を開始する。しかし、ノキアの気持ちだけは演技ではなく。

そのノキアに対しカシオは表も裏もなく二人で一人の弟妹だという言葉をかける。これで、一件落着?

舞台はパンテックへ。そこに、表ノキア、そしてソニィの執事セラの姿が。ノキアは二人に目的を尋ねる。世界がほろびかねないことをしようとしていると答えたパンテック。そして、ゼノリアルネットワークの正体―月を明らかにさせる。


うーん。本の感想久しぶりに書いてみましたが、なんだかうまくまとめらんない。まだまだ精進が必要なようです。
しかし、前作エアリセのようにまた月とかが関係してくるんですなあ・・・。
そして、裏ノキアの「お兄ぃ」。いいねえ。強気に見えて意外にコンプレックスを持ってるさみしがり屋さんなところもグッドです。
カシオ、プリケの過去に故郷を失った者同士、それをどう活かしているかを対比していたのは良かったと思います。現在(いま)を生きるカシオはその辺り主人公かなと思います。未来に傾倒するプリケの気持ちもわからんでもないと考えさせられます。
しかし、話が佳境に入ってる感じがするのは私だけか・・・。
またエアリセみたいにすぐ終わらんでくれよ!!!(汗


グリードパケット∞ 2 (電撃コミックス)グリードパケット∞ 2 (電撃コミックス)
(2009/04/27)
榎宮 祐

商品詳細を見る














グリードパケット∞(1)

・グリードパケット
08 /18 2008
グリードパケット∞ 1 (1) (電撃コミックス)グリードパケット∞ 1 (1) (電撃コミックス)
(2008/07/26)
榎宮 祐

商品詳細を見る


<ジャンル>
新感覚バトルコミック(帯より)

<作者>
榎宮 祐

<紹介>
以前、「エアリセ」を連載していた榎宮祐といえば東方ファンでは知っている方も多いのではなかろうか?今度は電撃マ王にて連載を開始した今作。
今度は携帯電話から魔法をダウンロードして不定期的に出現する「幻想」と戦うという新機軸のバトル漫画。
感想的なものは続きをクリック!!(微妙にネタばれ含むの

続きを読む

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。