Selector destructed WIXOSS 感想

・劇場版
03 /02 2016
遅くなりましたが、ようやく先日みてきました。




見た感想。

ほぼ総集編でしたwww
多分、カードバトルの用語を追加したり、スペルのカードやらなにやらちょっと手は加えられていた気がする…

大幅に異なっていた点はウリスの過去や今回初登場した幸やらその辺が新規ストーリーとして入った点。
割と分かりにくかった本編の話がこれで分かりやすくなった感じがする。
あとは終盤のストーリーの変化などですかね。ああいう風な形もエンディングにしてはアリなんだけど、テレビ版みたいな終わり方のほうが作品としてのエンドにはいい気がする。「後は視聴者の想像でエンディングを描いてください」的な。

全体の印象として、テレビシリーズでの尺の関係などで省いた部分を追加していれたノーカット版?という印象を受けてしまった。
最近の傾向として総集編チックになってしまうのはやはりその作品から入る人もいるために分かりやすくするためなんだろう。

しかしながら二期までやって劇場版を見に来る人は曲がりなりにもその作品がある程度好きな人であるわけなので作る側もその期待に応えて欲しい。新作をやってコケる可能性も往々にしてあるわけだがそれはそれでいいのではないかと思う。

どの業界にも言えることだけれども最近勝負するというか挑戦する気概と言うかそういうものが薄れてきている気がするのは自分だけだろうか。頑張って欲しい。

自分は少なくとも完全新作的なものを期待していたので少し残念。
また違う形でのWIXOSSを見られることを期待して。今回の感想はここまで!
スポンサーサイト

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。