バクマン。 第19話 「2人と1人」

・バクマン。
02 /16 2011
【あらすじ】
夏休み中にネームを仕上げる約束を守れなかった秋人に、「1人でマンガを描く」とコンビ解消を告げる最高。言い返せない秋人は納得し、最高は1人で服部のもとを訪ねる。
事情を把握した服部は、最高と秋人が偶然にも同じテーマで別々にマンガを描こうとしていると気付き、ある計画を考えて秋人を呼び出すのだった。
それから1か月がたったある日、秋人のネームを見た最高は、秋人が同じ推理ものを描こうとしていることと、服部の計画を知ることに…。これまでに秋人の存在の大きさを痛感していた最高は…。
公式HPより)

バクマン。1 〈初回限定版〉 [DVD]バクマン。1 〈初回限定版〉 [DVD]
(2011/01/26)
阿部敦、日野聡 他

商品詳細を見る
美吉がいるから夏休みにネームが仕上がらなかったと考えているサイコーに今は美吉のことを本気で考えて美吉のために頑張れるとシュージン。シュージンもいつしか美吉のことを本気で思うようになっていたんですね。

しかし、結果は結果。2人は違う道を歩むことに。

サイコーは一人で漫画を描くことに、シュージンは漫画原作者として頑張ることに。

そして、サイコーは服部の元に訪れ、一人で漫画を描く旨を告げる。

サイコーが考えたのはエイジのアシスタントをしたことでヒントをつかんだ推理モノ。しかし、話はやはりシュージンが考えた方が…。と考えた服部は席をはずしシュージンにコンビ解消の真相を問いただす。

そして、シュージンが今まさに話を考えていたのも推理モノ。

コンビを解消しても二人の息は抜群に合っていたのだった。

そんな中相田から持ち上がった、ストーリーキング準キングの作画の話。
「ふざけないでください!」と服部は相田を一喝する。

しかし、もし受ければすぐに連載になっていたかも。シュージンと組まず連載を取るかの瀬戸際。
サイコーにはすぐに答えを選ぶことはできなかった。

後日、シュージンが服部の元を訪れ。
話を考える能力はやはりシュージンの方が高く、服部はシュージンと共にサイコーをうまくだまし、高校在学中に話を熟成させ連載につなげようと考えた。

しかし、シュージンはそれには従わず。

そして、二人別々の漫画作りが始まるが互いにうまくいかず。

ある日、シュージンがサイコーにネームを渡す。
そこに探偵もののネームが。

まさかの偶然にコンビ解消していたことが馬鹿らしくなり、再びコンビ結成。
お互い離れている間に互いの大切さに気付いた2人。

そして、それは二人の息の合った様子に亜豆が嫉妬してしまうくらい。



困難を乗り越え2人の新境地が始まる!

次回「協力と条件」

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

バクマン。 19話『2人と1人』

夏休みが終わる。 それは同時に、シュージンが締切を守れなかったということでもあった。

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。