タッコク!!!(1)

・タッコク!!!
03 /20 2011
ごきげんよう、ポットです。連載は終わってしまったのですが、最近読んだのでちょっと紹介がてらに記事を書こうかと…。

【作品紹介】
日本の若者を震え上がらせる最悪の法律『卓球告白法』とは!? 最強卓球少女・珠野カコと謎の帰国子女・丸の内ガクが繰り広げる、まっタク新しい卓球ラブコメ! 『うえきの法則』の福地翼が新境地に挑戦! 大反響を巻き起こした伝説の読切が、ついに連載開始!!

ホームページより)

タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス)タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス)
(2009/09/17)
福地 翼

商品詳細を見る
話は至って簡単。最強卓球少女・珠野カコと謎の帰国子女・丸の内ガクが繰り広げる卓球ラブコメなんです。って作品紹介まんまじゃんwww

とはいっても本当にそのままだからしょうがない。

10年前にお互い両想いのまま別れた珠野カコと丸の内ガク。
そのまま時が過ぎていれば2人は容易にお互いの想いを伝え、そのまま付き合うことが出来たかも知れない。

しかし…。10年の間で日本は大きく変貌を遂げていた。
ガクとカコが別れた10年前、時の総理大臣、大泉洋一郎は大の卓球好きだった。
卓球先進国であるチェイナ(モデルは言うまでもなく“あの国”ですよwww)に負けじと、生活の中でも卓球を取り入れようと、思春期の少年少女に告白する際に卓球勝負を持ち込み、勝利したものが想いを遂げることが出来るという『卓球告白法』という法律を制定してしまった。

これだけでも話は無理があるのですがこの物語の若者たちは何か受け入れちゃってるんでしょうがない。てか、そもそも国会でこんな法案が通るわけないだろなんてツッコミは抜きにしてこの作品はお楽しみくださいwww

で、そのような中で育っていたカコはいつの間にか日本一の最強卓球少女になっていたのであった。

それを知らず10年ぶりに日本に帰ってきたガク。
戸惑いを見せるが要は卓球をカコに挑んで、カコにわざと負けてもらえばいいんじゃん?
なんてタカをくくったのも束の間。
修羅場をくぐりぬけてきたカコはいつの間にか勝負に手を抜けない身体になってしまっていたのだった。

なら、カコが勝負挑んで勝ちゃあいいんでしょうが。なんてツッコミもなし。それなら連載は一話で終了してしまいますからwww
かくして、ガクはカコに勝って告白をするため卓球の腕を磨いていくのであった…。

大体こんな話です。

ガクは卓球素人ですが、世界各国を巡って習得してきた超・能力(超能力ではなく凄い能力のこと。適当にネーミングしたので分かりづらいですが悪しからず。)があり、最強卓球少女のカコちゃんは勝負を挑まれても平気だろと思っていた矢先にガクがタッコクを持ちかけられたりするピンチに見舞われるも何とか勝利をつかみ取るなど。ガクも中々やるようで。あんまり読み進めてはいないのですがガクにも何か秘密があるようで。
そのあたりはこの先語られていくのでしょう。

正直卓球漫画ってあんまり読んだことないかも…。なんて人は一回読んでみてもいいかも。
流石ゴミを木に変えるなんてトンデモな漫画を描いていた福地先生、今回も飛ばしてますね。
「たこやきボンバー」とか卓球の技なんか?とか思っちゃいました。

しかし、サンデーの漫画ってどうしてこうも関西キャラが出てくるんだろ。個人的には『卓球告白法』よりもサンデー的には義務なのかな?なんて気になってしまいます…。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。