花咲くいろは 第5話「涙の板前慕情」

・花咲くいろは
05 /04 2011
結名とバイクで出掛けた徹。
それを見てすっかり気落ちする民子。

次郎丸によると徹に関して噂があるらしく―。

ハナノイロハナノイロ
(2011/04/20)
nano.RIPE

商品詳細を見る


【あらすじ】
“喜翆荘”の板前であり民子を指導する先輩でもある宮岸徹(みやぎし・とおる)。
緒花と民子は、彼がホットパンツ姿の結名をバイクに乗せ走り去るのを目撃する。
驚くふたりだったが、翌日、板長の富樫連二(とがし・れんじ)から徹が
来ないことを告げられた民子は、さらにショックを受ける。
事情を知った菜子や次郎丸、仲居頭の輪島巴(わじま・ともえ)らも加わってあれこれ推測するも、
次郎丸が仕入れた情報により、福屋旅館による徹の引き抜きという結論に至るが……。

公式HPより)


次郎丸が聞き付けた噂とは、徹がライバル旅館であるふくやに引き抜かれるという話。

ふくやと喜翠荘の女将は犬猿の仲というのは有名な話。
そこで徹を引き抜いてしまえば板前の戦力は大幅にダウンするという話。

みんちは徹がいなくなって心ここにあらずといった感じ。
指を切ってしまい蓮二に下がってろと言われてしまう。

そんな民子の様子をみていてもたってもいられない緒花。
民子の部屋に行くが追い返されてしまう。

民子が喜翠荘で働いていられるのは徹が未熟な自分を雇って貰うよう頼んでくれたから。

徹が活躍してくれるなら応援したい。
しかし好きな人がいないのは辛い。
その想いの中で揺れます。

緒花はそんな民子の様子を見て引き抜きの話を取り下げて貰うようふくやに直談判しに行くことに。
しかしふくやにいってもそんな話はないと言われ。
結名と徹の話もただ結名がバイクに乗りたかったから乗せてもらっただけだという。
今回はえせ博多弁でお送りしました~。

結局勘違いだったというオチ。

かくして徹は喜翠荘に帰ってきました。
実際徹がいなかったのは板前が休んでしまい人手が足りなくなったためヘルプに入っただけ。

徹は蓮二にもし引き抜きが現実となったらと聞いてみるが。
連れ戻します!力強く民子が即答。
みんちに聞いてるんじゃないからw

蓮二に引き留めてもらえないならまだまだだと徹。

みんちは今回の一件で緒花に「みんち」とあだ名で読んでもいいと。
代わりに緒花をあだ名で呼ぶからと緒花が部屋に訪れた際に渡したぼんぼりの願い札にあだ名の要望を書くようにと。
おはち?はなち?鼻血みたい?とかやってる間に時間切れ~とみんち。
相変わらずツンデレどすなあw

緒花はとうとう孝ちゃんにメールを返せましたね。

孝ちゃんはというと。湯乃鷺温泉のパンフを見てました。
彼も湯乃鷺に来るんでしょうかね?
そして仲が悪いと目されていた喜翠荘の女将と福屋の女将はちゃん付けで呼ぶくらいだから実は仲いいんでしょうかね?

次回 第6話「Nothing Venture Nothing Win」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

花咲くいろは 05話『涙の板前慕情』

朝。

花咲くいろは 05話『涙の板前慕情』 感想

次郎丸さん健在(´・ω・`)

◎花咲くいろは第5話涙の板前慕情

ミンコさんは、トオルがユイナをバイクに乗せてるところを見てしまう。オハナは修羅場という奴に遭遇してしまう。なんかあったのとナコに聞かれ話す。ジロウマルさんもその話に興味...

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。