スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか★マギカ 第10話「もう誰にも頼らない」

・魔法少女まどか★マギカ
04 /30 2011
【あらすじ】
それはとある少女の転校風景。
必要以上に緊張し、萎縮する気弱そうな少女は、
クラスの全生徒の視線を一身に浴びながら、慣れない自己紹介をする。

休み時間、押しかけて興味津々に質問をしてくる女子たちに、
気圧されておどおどしている彼女を、その場から連れだしてくれたのは、クラスの保健委員を名乗る少女。
優しい笑顔を向ける彼女は、自分を名前負けだと感じる少女に対し、カッコいい名前だと言う。

長らくの入院生活により、学力も体力も他の生徒に劣る彼女は、
劣等感に肩を落として帰宅する途中、ふとしたことで魔女の結界に迷いこんでしまう。
彼女の絶対絶命のピンチに現れたのは、二人の魔法少女だった。

公式HPより)

コネクト(アニメ盤)コネクト(アニメ盤)
(2011/02/02)
ClariS

商品詳細を見る
病弱の女の子は気弱で自分に自信のない普通の女の子だった。
緊張し委縮している彼女に手を差し伸べたのはまどかだった―。

魔法少女として戦うまどか。そして、ほむらは魔法少女になっても逆に足手まといになっていて―。
これは、ほむらが現在のほむらになるまでの物語。
ほむらがまどかと出会い、ワルプルギスの夜と戦い、敗れ、ほむらがまどかを救いたいと願い、ループに至るまでの―。

ほむらが得た力は時を止める魔法。
戦っていく中で次第に力の使い方を覚えていく。
ほむらは色々なパターンを経て、同じ結末を繰り返していく。

さやかの魔女化が始まり、仲間割れし、自滅するラスト―。
ほむらはキュウべぇの企みを新たな世界でまどかたちに伝えようとするが信じてもらえず。

ワルプルギスを倒すにいたった際には、魔女化が始まったほむらとまどか。
最後のジュエルシードをほむらに託し、まどかはキュウべぇに出会う前の自分を助けてと頼まれる。

そして―。
ほむらはメガネをはずし。

今度はまどかを契約させないようにし、ワルプルギスの夜に挑むが。
ほむらはワルプルギスの夜に倒され、それを助けようと魔法少女になったまどか。
一撃でワルプルギスの夜を撃破するが、まどかは最悪の魔女になってしまう。
エネルギーを回収したキュウべぇは当然地球のこれからなど興味があるわけはなく。

キュウべぇを当然怨むほむら。過去に戻ってキュウべぇを殺すが…。
何度でも生き返るキュウべぇにはなんの意味もありませんが。
魔女も一人で倒しまくる。

そして、今に至る。

いよいよ、真実が明かされましたね。さて、今の世界でまどかを救うことはできるのか?

次回 第11話「最後に残った道しるべ」 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。