[アニメ感想] 猫神やおよろず! 第06話「追憶アンティキティ」

・猫神やおよろず(アニメ)
08 /18 2011
あら、今回も柚子の過去の話と来ましたか。

12街です。猫神やおよろず6話みました。

猫神やおよろず① [Blu-ray]
猫神やおよろず① [Blu-ray]



<今回の大まかな内容>
電車でどこかへ出かける繭と柚子。
停車駅には柚子が師匠と呼ぶじいさんが。
じいさんは源蔵といい、オヤジの骨董店を継ぐために、その源蔵に弟子入りを志願したらしい柚子。
その辺の話を回想でもって追っていくというのが今回の話。というわけで、回想入りまーす。

自分の息子のこともあってなのか、柚子が骨董に関わることをよしとしない源蔵。
いじわる適性試験で柚子を諦めさせようとするが、そんなじいさんのやり方をみて、神さまとしてこんな不正は見過ごせんと怒る繭。
柚子のために本気で怒ることが出来るそんな繭をみて、柚子を守ってほしいと源蔵。

オヤジの遺した骨董品を狙ってしつこく現れる加藤という男。
ある日、作らせた贋作を使ってオヤジの骨董品とすり替えしようと八百万堂に忍び込むが、間抜けにも繭にみつかる加藤。
盗人猛々しく、骨董品の目利き勝負的なものを柚子に挑みますが、骨董品に対しての眼を幼いころから養ってきた柚子の前には小細工は通用せず。加藤完全敗北。
全部水に流してやるからお願いを聞いてくれないかと柚子。
加藤の協力を得て、源蔵じいさんの弟子入りを果たした柚子なのでした。



大体今回はこんな感じだったですかね。



<まとめとか感想とか>
猫神やおよろずも6話と折り返し地点に差し掛かってきているので、コミックスの根津魅のような、アニメでも何か作品の軸になるような話をそろそろ一つ、と見ていて思いました。
その辺は特に触れずに各キャラのエピソードを掘り下げていく方向で行くんでしょうかね?

柚子も猫神やおよろずでは確かに重要人物で、回想で時間を割くっていうのも分かりますけど、一応、繭が主役ですし、回想なら繭が下界にやってきた経緯を、とも思いましたが。その辺りは残りでやるんですかね。

何はともあれ、猫神やおよろずはドタバタコメディだと個人的に思っている自分としては、そういう方向でガンガン行って欲しいと思っていますが。
次回は、どんな感じになるんでしょうかね?

次回、第07話「寝覚月スリラーナイト」 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

猫神やおよろず 第6話「追憶アンティキティ」

柚子ちゃんが骨董の道を継ぐときのお話。 予想に反して超まじめ回でした。 こういう話も間にあるんですね。 というわけで、ほとんどギャグらしいギャグがなかった(^_^;) 本編に組み込まなくても良かった...

猫神やおよろず 第06話 『追憶アンティキティ』

陶芸家・佐伯源蔵。今回は過去話、このじいさんが柚子に骨董を教えた人みたいです。両親の死で八百万堂を継ぐ決意をした柚子。幼い頃から骨董を見て育ったものの、本格的に手ほどきを受けた訳ではなかった。ノウハウを身に付けようと弟子入りしたのがこの人です。 熱意だ?...

猫神やおよろず 第6話 「追憶アンティキティ」 感想

真実を見極める眼―

猫神やおよろず「第6話 追憶アンティキティ」/ブログのエントリ

猫神やおよろず「第6話 追憶アンティキティ」に関するブログのエントリページです。

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。