絶対少女聖域アムネシアンⅣ

・絶対少女聖域アムネシアン
09 /12 2011
どうも、ポットです、絶対少女聖域アムネシアン、遂に最終巻です。

【あらすじとか】
神の能力に覚醒した愛宮千歌音(まなみやちかね)の前に立ち塞がる漆黒の刺客達(シスター)…。

彼女らの正体…それは、美しく成長した「少女聖域」の来栖守姫子(くるすひめこ)とその姉で「九曜(くよう」)」の首魁(しゅかい)・金色(オーア)の千歌音であった!

二人はかつて巫女として最愛の神からの祝福と永遠に続く神の呪縛によって、無限の刻を彷徨う宿命を背負っていたのだった。

そして再び現代…「神殺し」を誓う少女たちの未来と世界をかけた戦いは、ついにクライマックスを迎える!!

(裏表紙より)

絶対少女聖域アムネシアン (4) (角川コミックス・エース 35-18)絶対少女聖域アムネシアン (4) (角川コミックス・エース 35-18)
(2011/09/02)
介錯

商品詳細を見る




【感想とか】
最終巻である今回の4巻ですが、3巻から間が空いてしまったからか全くさっぱりな展開に。
いつの間にこんな話になってたんだっけ?といった感じ。
個人的には登場人物が無駄に多くて、目的やら何やらも結構複雑だったので作品としてはちょっと読みにくい感じがしました。

とりあえず話はいい感じに落ち着きましたね。
介錯先生が思い入れがあるからなのか千歌音、姫子はほとんどといっていいほど登場してるよね。また次回作やるとしたらそうなるのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。