GATE7(2)

・GATE7
11 /19 2011
ごきげんよう、ポットです。

【作品紹介】
明智光秀との戦いの最中、窮地のはなを救ったのは伊達政宗だった!

そして次々と現れる戦国の魂を継ぐ者たち。

彼らの目的は、信長と共に闇へと消えた最強の隠威「第六天魔王」を手にすること。

さらに徳川家光の不穏な影が致佳人に迫り…!?


先日に引き続きGATE7の感想をば…。


GATE7 2 (ジャンプコミックス)GATE7 2 (ジャンプコミックス)
(2011/11/04)
CLAMP

商品詳細を見る


次回に引き続き明智光秀との戦い。

歴史で語られているからとは似ても似つかないような光秀。何かネガティブです。

そしてその隠威炎禍に押され気味のはな。
そこに現れたのはなんと伊達政宗。
何ともちっさいなあw
しかし強さは折り紙つき。光秀達を撃退する。
そして、徳川が動き出したと告げに来た政宗。


徳川と聞き顔色が変わる橘。
何か因縁のあるご様子!?

そして致佳人は徳川家光との出会いを果たし…。

徳川も信長の隠威を狙っているということで致佳人たちは大阪へ。

向かった先にいたのは何と真田幸村。


第六天魔王を手に入れるため、より多くの隠威を手に入れるために隠威持ちを配下に従えようとする豊臣側と、隠威持ちから隠威を奪い、そして第六天魔王でさらに人を殺めようとする徳川側。

豊臣側は幸村には配下になってもらうか徳川には与するなというが…。


しかし真田は弱いものには仕えないと。

かくして真田と桜との戦いが始まり。

優勢に見えた桜。しかし、隠威の力を使う幸村に苦戦する桜。
そして陰の力を持つ桜が橘に陽の力の武具を求め。

気になるところで次巻ですね。

歴史上の人物の魂を継ぐものたちが続々とあらわれて面い展開になってきましたね。

次巻は年明けですか期待して待ってますかねー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。