スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コミック感想] 一路平安! 1巻

・一路平安!
11 /20 2011
12街です。

今回は、小林尽先生の一路平安!1巻を読んでみました。

一路平安!(1) (講談社コミックス)
一路平安!(1) (講談社コミックス)


小林尽先生といえばみなさんご存知の通り、スクールランブルとか最近だと夏のあらしとか描いていた方であります。

12街はどちらの作品のいずれも途中でリタイアしてしまっているにもかかわらず、今回の一路平安を手に取った理由としましては……
最新作であるっていうことと、帯に書いてあった「漫画史上初のチャリ旅ラブコメ」ってワードにひかれて買ってしまった次第であります。




<登場人物>


itiro1.jpg
●孔明
引きこもり浪人生。
ネット・アニメ三昧と、かの名軍師とは、かけ離れた日常を送る。
ネット・アニメ趣味により、中国語が少し理解できる。
漫画の掲載はマガジンだが、どうやらこの男、ジャンプ派である模様。


itiro2.jpg
●妙芙
自転車で京都を目指しているらしい中国人の少女。
その目的も不明で、彼女自身についてもそれ以外のことは謎に包まれている。


< 大体の内容 >
主人公は引きこもり浪人生の孔明という少年。
孔明はネット・アニメ三昧の日々を過ごしているのですが、ある時、自転車で爆走する中国人の美少女・妙芙と衝突する。
話を聞くと妙芙は京都を目的地としているようで、一目惚れをしたのか孔明はあろうことか彼女を京都まで案内するという一大決心をするのであった。



< 感想とか >
さて、「漫画史上初のチャリ旅ラブコメ」ですが。


1巻通してしっかりチャリ旅ラブコメしておりました。
確かにラブコメはラブコメでもチャリ旅ラブコメってジャンルはこの漫画くらいなものでしょうね。
ラブコメいっても現段階では、孔明がひとりでにドキドキするような片思い的なものくらいで、そんなにラブってはいない感じです。

漫画としては登場人物も多くないし、目的も漠然としながらではありますが、「京都へ向かう」というものなので、非常にシンプルで読みやすいように感じました。
ただ、ガチ引きこもりな浪人生が、1話にして女の子とコミュニケーションできたり、自転車で女の子と京都へ行くという決心をしたりなど、引きこもりが行動実行するにしてはレベル高いし、わりとすんなりいきすぎなんじゃないかなあ?と少し思ったり。


自転車旅をするっていうのが背景にある漫画なだけあって、旅をしていることに現実感を持たせるためか、明治神宮とか渋谷、竹下通りなどリアルの地名がいくつか登場し、漫画の背景としても描かれている模様。模様というのは自分も特定できるほどこの辺詳しくないので(^_^;)
聖地巡礼とか好きな人は、漫画見て巡ってみては?

ちなみに1巻では、国や文化の違いなど、戸惑いながらも2人は東京都を抜け神奈川県に到達したようです。
このまま2人は大きな問題なく、無事に京都までたどり着けるのでしょうか。今後の自転車旅の様子に注目!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。