かみせん。(5)

・かみせん。
12 /09 2011
【作品紹介的なもの】

失踪した狐葉さまを追い孝太郎たちは遥か神界へ突入!

そこには神々の恐るべき陰謀が!?

急転直下のシリアス展開…と思いきや明らかになる狐葉さまの過去。

実はホントに巨乳だった!!…ってマジですか!?

ちょっとエッチなハプニングも満載の“らっきーあんらっきー”ラブコメ、神的完結!

かみせん。 5 (ドラゴンコミックスエイジ も 1-1-5)かみせん。 5 (ドラゴンコミックスエイジ も 1-1-5)
(2011/12/08)
百瀬 武昭

商品詳細を見る


前回からのつながりがちょっとうろ覚えなのですがとにかく失踪した狐葉さま。

狐葉さまが神界へ失踪したと突き止めた猫神さまと孝太郎は神界へ。

石の中に閉じ籠ってしまった狐葉さまを助け出すべく天の岩戸的にお祭り騒ぎをするが。

結果、出てきたのは狐の人形だけ。

大国主命の謀略により神界へは護り神と一緒に行かなくてはならないというルールを破ってしまったことになった孝太郎は神界へ行く際に幽体になったがもとに戻ることは出来ず。


孝太郎は狐葉が他の神に転生すれば助かると条件を提示する大国主命。

貧乏神である狐葉の力を何故そんなに欲しがるのか?

実は狐葉は元々は杏狐、狐鳥と1つの存在であった。
平等の神でありとてつもない力、巨乳(笑)を持っていた。
大国主命はその力を欲していたようだ。

欲を持ったものたちが狐葉の力を利用することで狐葉は次第に忌み嫌われる存在となっていく。

怨念が蓄積し暴走した狐葉は一度封印されてしまう。

そして今へと至る。

再び記憶を取り戻せばまた同じことが繰り返されると。


しかしそれは現実となり再び暴走する狐葉。

封印するために孝太郎は狐葉を討つ。


途方にくれる孝太郎。
かと思いきやひょこっと現れた狐葉。
雰囲気ぶち壊しですwww
この作品には湿っぽい話はいらないですもんね!

シリアス展開からのこのギャグ展開へのギャップ。
最後の最後まで頑なにお色気路線を貫く姿勢。
まったく、百瀬先生には脱帽です。

次回作に期待してますよ!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。