ゼロの使い魔F 第7話「砂漠のエルフ」

・ゼロの使い魔F
02 /21 2012
タバサはサイトのことを諦めガリアへ帰ろうとする。

そこへ寝込みを襲おうと元素の兄弟がサイトたちを襲う。
しかしそれぞれの目的は様々。

ドゥドゥーはサイトとの再戦を望み、ジャックは捕らえられたことへの意趣返し、ジャネットは遊び半分での独断専行。


ドゥドゥーはタバサとジャックはオンディーヌ騎士隊と戦い、ジャネットはルイズの寝込みを襲ったため杖を奪い、ルイズを捕らえる。

そしてルイズを助けようとするサイトにジャネットはルイズのネグリジェを取ると。
他の人に見せたくないと恥ずかしがるルイズ。
はい、ごちそうさまです。

元素の兄弟の力は圧倒的で徐々に押され始める。
そこへダミアンが登場。お金にならないことはしない主義と冷静にその場を収める。さすがお兄ちゃんですね。

常時錬金の力で地面を水に変えてしまう。


その隙をついたルイズはジャネットから逃れる。

そしてエルフと出会っていたシエスタ、ティファニアたちからの悲鳴を聞きサイトは駆けつける。

ダミアンの作った水を利用し、サイトたちに催眠魔法をかけたエルフはそのままサイトとティファニアを拉致する。

目覚めるとサイトたちはエルフの国ネフテスのオアシスのひとつ、ルクシャナの家で目覚める。

ルクシャナは人間を研究する学者でサイトたちの身柄がルクシャナのオアシスに預けられることになったのもルクシャナの一声があったからこそ。
エルフたちの目的は使い魔も持っていない虚無の担い手で一番弱いティファニアを捕らえることで虚無の担い手の力を削ぐこと、またルクシャナの叔父ビダーシャルを破ったサイトに興味があったからと。


サイトたちの処遇については議会でも意見が真っ二つになっており中々処遇が決まらないよう。


一方、ルイズはサイトを助けようとしていたがエルフについて詳しいロマリアに任せトリステインからは派兵しないと。

圧倒的な力を持っているエルフたちには下手に介入したくないという国の思惑か。

そしてルイズは一人でもサイトを助けに行くことを決意。

そこへタバサとシエスタが加わり三人でネフテスへ。

しかし馬よらはらは速いとはいえシルフィードに乗っても4日かかるほどの距離。しかも休みなしで。

途方にくれているとオストラント号でネフテスへ向かっていた学院のみんなと合流。一同、ネフテスへ!

その頃楽観的に今を楽しむとサイトは水浴びをするが。
えーティファニア上脱いじゃうんですか!?

ラグランジェといい最近は脱ぐのが流行りなのか…

お友達なら裸を見ても触ってもOKなんて…

是非ともお友達になりましょう!!ええ!!!


サイトがたじろいでいると水面に浮かんでいた岩の様なものはサイトの国の戦闘機だった!

これからの話でこれはどう絡んでくるのか!?
今後に期待ですね!


しかしこのアニメも四期まで付き合ってますが未だに国の名前とかキャラの名前がわかんない…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ゼロの使い魔F「第7話 砂漠のエルフ」/ブログのエントリ

ゼロの使い魔F「第7話 砂漠のエルフ」に関するブログのエントリページです。

◎ゼロの使い魔F第7話「砂漠のエルフ」

タバサは帰ることに。サイト:どこにいくんだよ→ガリアへ帰る。タバサ:元素の兄弟。サイト:どうしてここに。→キミを殺しにきたんだよ。ルクシャラ:会うのが楽しみだわ。*:誰...

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。