スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念くのいち伝(3)

・残念くのいち伝
04 /23 2012
どうも、ポットです。

残念くのいち伝最新3巻を読みましたので感想です。
今回は通常版、限定版があり、限定版を購入。

私、「限定版」という言葉には弱いです。

さて、昨今の限定版といえばOVA付きなんてのが多いですが、どうやらPVとドラマCDが付属されているようです(ちなみにまだコミックスの方しか読んでないのでよくわからないです)。

PVは今期アニメニャル子さんで話題のジーベック制作のようですね。

何かくるみの時に縁があった人のようで。
ドラマCDの方の録音スタジオもそうみたいですよ。

しっかりキャストとかも決まってますし介錯先生の作品での久々のアニメ化か!?
なんて思ってしまいますが。


本編はというと忍者スーツや刀がパワーアップ。

そしてミチルを探しにレイカはパリへ向かう。

そこで刑務所に服役しながらもアイドル活動を行っているDOLLと出会うレイカ。

アイドルとして熱狂的な人気を誇る表の顔と残忍な殺人鬼としての裏の顔を持つDOLL。

しかも素の彼女はかなりいい子っぽいのに…。


そして、フランスのエージェントでもあったDOLL。

更にはライバルの輝夜まで現れ、よりややこしくなってくるが…

とりあえず大量殺人を阻止するため輝夜と共にDOLLと戦う。


DOLLの実力は確かで苦戦を強レイカたち。

次第にDOLLを追い詰めるが、何と戦い自体がDOLLの映画の撮影に利用されてしまう。

釈然としないまま戦いは終わり、葵、そして美夜と共に買い物を楽しむレイカ。

楽しいときもつかの間、今度はイギリスのエージェントヴァネッサが登場。


次巻はイギリスですかね。

くのいち伝だからって相手がくのいちでなくてもいいですが黒魔術とか…一体なにがしたいのか分かりません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。