レンズドロップス(1)

・レンズドロップス
08 /24 2012
どうも、ポットです。

煉瓦先生の新作、カメラドロップスが発売したよ!

レンズドロップス (1) (カドカワコミックス・エース)レンズドロップス (1) (カドカワコミックス・エース)
(2012/08/24)
貴島 煉瓦

商品詳細を見る


というわけで早速読んでみました。

【あらすじ】

主人公の真琴は亡くなった祖父のお店のカメラ店を守ろうと奮闘中。

そんな中、形見のライカM3を手にした時、不思議な力が芽生えて……!?

女子カメがおりなすプリズムライフ、開演です!

(表紙裏より)


まずは人物紹介。

主人公 加賀屋真琴

RIMG0116_20120825230216.jpg

巨乳でフィルムカメラオタクで超能力が使えるようになった女の子。
潰れかけたお爺さんの店を残そうと奮闘します。

友人の星川桃(左)、南菜月(右)

RIMG0117_20120825230404.jpg

桃ちゃんは星川財閥のお嬢様、菜月は警察庁長官の娘だったりと何かハイスペックですなあ…。
何かコロコ〇コミックとかにありそうな設定だなぁ…。

【中身とか感想とか】

おじいちゃんの店の固定資産税を払えないとき、店を潰すと父と約束しているため、まったりしながらも店を守るため奮闘する真琴。しかし、カメラの修理も満足にできず、できるのはカメラの現像のみというお先真っ暗な状態。そのため、経営状態は悪くなる一方。

しかし、ある日、店の近所の女の子の飼い犬がいなくなり、その飼い犬探しを手伝った時、祖父が昔使えたという写真からその人物の探し物を見つけるという能力を祖父の形見のカメラを通してのみ、使うことができることになった真琴は、その能力を生かして副業で便利屋「レンズドロップス」を開業することに。

煉瓦先生にしては、いつものよりは大人しめな感じがしますね。
ファンタジー要素のあるハートウォーミングストーリー的な。

カメラ、特に昔のカメラについてあまり知識がないので読んでいてためになりますね。
しかし、もっと解説コーナーみたいなものを充実させてほしい。
まず、露出度とかそういう基本的なものからしてわからんし。

カメラ的な話だけしてみればジャンルは違えど、以前読んだことのある「でじぱら」という漫画的なテイストのする作品ですね。話が難しくて素人がついていけないという…とはいってもあのマンガの場合は解説がかなり細かかったですが。

でじぱら 1 (電撃コミックス)でじぱら 1 (電撃コミックス)
(2006/08/26)
高木 信孝

商品詳細を見る


それは置いておきまして…。

レンズドロップスの活動はまだまだ始まったばかりという感じ。
活動内容は、今のところブラコンお姉さんの弟君が最近よそよそしい原因を調べたり、スマホユーザーの桃ちゃんにアナログなカメラを使ってもらおうと広いお屋敷の中からカメラを探したりとかそんなものばかりです。

本編に出てきた北斗星ですが一回あれに乗って北海道に行ってみたいものです。今だ飛行機でしか行ったことがない…。
寝台は一回しか乗ったことありませんけど、ああいうゆっくりした旅もたまにはいいですよね!
菜月が鉄子だったのにはびっくりでしたね…。

煉瓦先生の作品が読めるのはコンプエースだけ!ぜひとも皆様もご一読ください~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。