スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBOTICS;NOTES EPISODE #01「ガンヴァレルが待ってるから」

・ROBOTICS;NOTES
10 /22 2012
【あらすじ】

2019年6月末。種子島。中央種子島高校ロボット部は廃部寸前。ロボット大好き少女の部長、瀬乃宮あき穂とロボットには興味のない格ゲーオタクの八汐海翔の二人きり。 旧種子島空港の車庫をハンガーにし、完成の目途がついていない巨大ロボット「ガンつく1」を制作していた。あき穂は半年後にお台場で開かれるロボット万博にロボ部としての出場を目指し、制作のための部費を学校に請求。そこで犬猿の仲となっている教頭先生に部費を得るための条件を提示されて---
公式HPより)

ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る


詳しく書こうと思いましたが、もう見てからちょっと経ってるし簡単に。

「ガンヴァレル」というロボットアニメを題材にした格闘ゲームが好きで世界ランク5位の実力を持つ主人公八汐海翔とそのガンヴァレルが好きなロボットおたくのあき穂。

半年後のロボット万博に出展するためのロボットを完成させるには多額の資金が必要。しかし、そのための部費が簡単に出るわけもなく…。そのための条件として教頭が出した条件は二週間後の「ROBO-ONE」という大会に出場し優勝すること。

売り言葉に買い言葉でその条件を飲んだあき穂だったが手元にはまともなホビーロボットはなく…。

さて、どうする!?というお話。


前作STEINS;GATEのトゥルーエンドの世界線での話ということですが今のところ同関連しているのかは不明。さらにCHAOS;HEADでのあのフレーズ「その目、だれの目?」まで。
この二作がどう関連してくるのか、非常に気になりますね。

あと、ロボティクスノーツはゲーム買ったんですがまだプレイしてません。本当はアニメとゲーム攻略同時進行でやってこうとしてたんですが、どうもうまくいきませんね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。