ROBOTICS;NOTES EPISODE#02「夢と希望とロマンがあってこそ」

・ROBOTICS;NOTES
10 /22 2012
【あらすじ】

ROBO-ONE優勝を目指し、あき穂は過去のROBO-ONE優勝ロボットでありロボ部名誉部長タネガシマシン3を使おうとするが古すぎて動かない。周りの協力を得て、何とかタネガシマシン3改を完成させるが、今度は操作方法が難しすぎて・・・ さらに連日無理をしたあき穂は持病である「発作」が起きてしまう。

公式HPより)

ROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】 公式設定資料集 Childfood DreamsROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】 公式設定資料集 Childfood Dreams
(2012/09/29)
電撃プレイステーション編集部

商品詳細を見る
今回はROBO-ONEに出場させるホビーロボットタネガシマシン3を復活させたり、あき穂の発作のことが明らかになったりしたお話。

ホビーロボットのパーツを払うほどの部費も出ていないんですね。実質廃部と同じだろw

しかし、今回は海翔があき穂のために激マズのパッションフルーツまんに果敢に挑戦したり、ロボ部を敵視しているはずの日高君が意外にロボ部を心配したりなどキャラクターの新たな一面が分かった話でしたね。

海翔の頑張りは実質無駄になってしまったが、何とかパーツも買え、タネガシマシン3改は完成。
しかし、操縦システムは複雑なもの。天才的な操縦テクを持っていた姉のようにはマシンを扱えず。

また、9年前に発生した事故によって時折起こる発作「エレファントマウス症候群」が起きてしまう。
ちょうど9年前がシュタインズ・ゲートの舞台である2010年。この年にいったい何があったのか。

結局、マシンの操縦は海翔が担当することに。操縦システムが複雑なためキルバラと同じ操作方法にできないか、キルバラの制作者のフラウコウジロウに交渉してみることに。

今冬、あのパッションフルーツまんが発売!なんて記事に期待してますwww
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。