大正野球娘 第一話「男がすなるという、あれ」

・お蔵入り
07 /04 2009
見ました。以下はあらすじと感想。

(あらすじ)
時は大正十四年、東邦星華高等女学院に通う洋食屋の娘、鈴川小梅は、
ある日友人の小笠原晶子に突然、「一緒に野球をしていただきたいの!」と言われ、その勢いに押されて、野球がどんなものか良くわからないまま思わずうなずいてしまう。

授業が終わった後、晶子はクラスのみんなに向かって、野球に参加してほしいと呼びかける。
そのわけは、小笠原家のパーティーに出席していた朝香中学の岩崎という人物が関係していた。
                                   (公式ホームページより転載)

(感想)
作品の中身はというと、別に萌えキャラを見て楽しむというだけでなく、野球をテーマとした青春群像劇です。理由は晶子のエゴなのでは?とも思うが、晶子の呼びかけに対して、はじめは乗り気ではないクラスメートたちが次第に集まってきて、一つの目標に対し、ひたむきに進んでいくという若者の姿はそれだけで絵になりますな。

しかし、これからの展開次第でいくらでも面白くもなりつまらなくもできる作品だと思います。無難に仕上げることもできるし、奇をてらって他にもない作品を作り上げることもできるかと。一話だけでは何とも言えませんが今後の展開に期待。といったところかと思います。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。