大正野球娘。 第6話「球は広野を飛び回る」

・お蔵入り
08 /07 2009
基礎訓練も終わり本格的に練習開始!!
かと思いきやアンナ先生はおばに会いにいくため長崎へ。

その間に適当な相手を見つけて実戦練習をせよ、と。

実際に試合を申し込むが各校に断られてしまう。

結局見つかった相手は小学生。

相手は年下だからとなめてかかる晶子。
それは自分達の試合を断った男子達とどう違うのかと諭す小梅。

蓋を開けてみれば惨敗。
全くいいとこなし。
そして試合の中で乃絵はチームの問題点を洗い出す。

声を掛け合うこと。て、これは基本じゃないのか?

晶子は制球力をつけること。
菊坂は左打席に立つこと。
巴は大振り禁止。
いつでもヒットは打てるって、なんて自信…。

そんな点を踏まえ再び試合を。
いいところまで行くがまたも敗戦。

バッテリーの息が合っていないと乃絵。
バッテリーは夫婦のようなもの。
そのためには一緒に生活してみたらと一同。お泊りです。
人事だからってなんて無責任!?

結局小梅と三郎の料理している姿を見て晶子は阿吽の呼吸を感じ取る。

次の試合では晶子は小梅を信じ、コースを指定させたりスローボールのサインまで編み出します。

結果は巴の大振りなどありまたも敗戦でしたが実戦の中でメンバーは大きく成長できました。
ダブルプレーとかちょっと出来すぎですよねw

そして最後にまさかの展開。
三郎が小梅の許婚に。

お互いに意識しあって気が気でない二人。今後の動向が気になると思ったら…。
次回は辻打ち!?
相変わらず巴は面白い。

次回 「麻布八景娘戯」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。