アンティフォナの聖歌姫をプレイしてみました。①

・雑記(ゲーム)
10 /25 2009
アンティフォナの聖歌姫をプレイしてみました。

まだ第三楽章やってるところなんですけどね。それでもね、早くもプレイするのが苦痛になってきたかも。


装備品らしい装備品がアクセサリーの類しかなくって、武具などでキャラクターを飛躍的に強化することができないんですよね。
そんで、雑魚と戦闘になるとわりと長期戦になって時間とられるし、相手によってはこちら側はかなり消耗するし、戦闘の度にイラっときます。

おそらく「とっくん」とかでスキルを付けたりとかすれば、多少戦闘が有利になるんでしょうかね?


でも、それにしたって「とっくん」にはお金がかかる・・・
そして、そのお金がなかなかたまらない・・・回復アイテムにも使うし。



お金を稼ぐ方法といえば、敵をせん滅してドロップしたアイテム売って金にするか、ギルドの頼みごとを解決するかの2択っていったところでしょうか。

頼みごとのほうは、なんとなく時間かかりそうでやりたくないし。

なんとかイグナーツに「とっくん」で「コイツは限定品だぜ?」あたりでも覚えさせて、地道に雑魚を倒してアイテム売っていくほうが効率がいいのかな?レベルも一緒にあげられるし。
でも、そこで気になるのがそのイグナーツのスキル「コイツは限定品だぜ?」でどんだけアイテム高く買い取ってもらえるかってことなんだよなあ。
なんだか、そんなに高くなる気がしないな・・・どうなんだろ。



うーん、どちらにしてもめんどい・・・
やっぱりレベル上げ、金稼ぎは必須だったりする?自分のやり方が悪いだけな気がするけれど。
もすこしさっさかテンポよく進んでいきたい。
なにか効率いいやり方はないのかしら?

というか、金うんぬんいうより基本的な戦闘のシステムに色々と不満があるのですが、戦闘関連だけでこれ以上長くなるのもアレなので省略。



あと、話に聴いていたけれど、あのミュージカルっぽいのがなかなかに残念な出来で、自分にはどうにも・・・

上のほうに長々と書いてたお金などの件は、わりとどのゲームにもありがちなことだし、結構どうでもいいんですが。
こちらのミュージカルのほうは、他のRPGのゲームとは違うっていう、おそらくこのゲーム最大のウリになっている部分なはずなのではないでしょうか?
なのに、その部分がちょっとばかしアレな出来だったので、そこが一番自分がプレイしていて「なんだかなあ」と感じてしまう大きな理由になっているのかもしれないですね。
ただし通常のBGMは、ゲームの雰囲気にあっていていいと思います。




つーか、たかだか第三楽章までしかやってないのに、あれこれいうのは早すぎだぜ!!
もしかしたら、クリアするまでに好きになれる部分があるかもしれない!


とりあえず、やってみるか・・・



以上、12街でした。

アンティフォナの聖歌姫 ~天使の楽譜 Op.A~(通常版)アンティフォナの聖歌姫 ~天使の楽譜 Op.A~(通常版)
(2009/10/22)
Sony PSP

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。