聖剣の刀鍛冶 第9話 「面影-Lisa-」

・お蔵入り
12 /05 2009
セシリーママは剣術の修行にはげむセシリーを憂い、殿方と付き合うとかないのかと。

動揺するセシリーに色仕掛けで攻めろと、自分のお古を差し出す。

恥ずかしがり、帰ろうとするセシリーに、短剣を直してほしいという女の子エルザをルークのもとに連れていくことに。

なんだかんだでルークの元へ。結果、「女装」て・・・。ひどくない?ルーク。

芯が折れてるから短剣は直せないとキッパリ断るルーク。結局リサが手入れを申し出る。

その間に家を出るルーク。セシリーを連れ、向かった先は・・・。

ルークが守れなかった女の子、リーザの墓。

入ってはいけない洞窟にルークとリーザは立ち入り、ヴァルバニルにリーザ、探しにきたルークの父親は殺されてしまう。

セシリーにリーザのことを話したということは、セシリーにリーザの面影を感じ惹かれるものがあったからなのでしょうか?

んで、ヴァルバニルに取り込まれた?リーザはリサなのか?
リサはヴァルバニルの血を分けた存在みたいだし。うーん、よくわからん。

で、リサを狙って老剣士が。エルザも結局魔剣ですか。なんか魔剣ばっかになってきたなあ・・・。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。