荒川アンダーザブリッジ 第1話 「1BRIDGE」

★★★放送終了(感想完走)★★★
04 /13 2010
さて、遅ればせながら荒川アンダーザブリッジの感想をば…

この作品も認知度は勿論あるとは思いますが同じ作者の作品「聖お兄さん」も有名ですよね。

さて肝心の中身ですが、大企業の御曹司である市ノ宮行は、代々一家の家訓「他人に借りをつくるべからず!」を実践して生きてきた。

しかし、子供にズボンを奪われ、ピンチ。しかも、橋の上にまでひっかけられるとはw

よじ登って取りに行こうとするが、あと一歩のところで柱が折れ、川に落下。

今度は生命のピンチ!

そこに自称金星人と名乗る、ニノ(通称)が行を助ける。

思いもよらぬところで借りを作ってしまった行。持病の喘息もさることながら人に借りを作るなど行のプライドが許さない。

結局ニノの願いにより、行はニノの恋人になることに。恋をさせてくれないかという頼み自体が変わってらっしゃる。

ニノの自宅は段ボールハウス、別荘は橋げたというセンス。村長は河童ともう何でもアリ。

しまいに行のあだ名はリクルート(リク)に。ニノ(2-3)と村長のネーミングセンスもすごい。

しかし、もうシャフト×神谷さんだと、化物語か絶望先生の感覚しかしないw
こういうぶっ飛んだ感じのギャグ作品はシャフトに合っている気はしますが。

しかし、自分を河童という村長をみるとニノもやはり金星人ではないのか、それとも。

まあ、ニノが電波キャラだったらベットの下の引き出しで寝るとか変わった感じも理解できますが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。