さんぶんのいち。3

・さんぶんのいち
06 /26 2010
最近本を整理してまして、読んでない本がごろごろと。


そんな一冊がこのさんぶんのいち。です。

何と2009年10月の発売。


どんだけ本を溜め込んでたんだと自分でもびっくりしてますw

こういう本は結構あると思うので少しずつ紹介出来たらと思います。

さて、前回の簡単な流れは楓が葵にコクり、葵が柚奈コクり。

という感じでした。

結局三人の恋の行方は!?と言ったところなんですが、結局どっちつかずな終わりになってしまいました。

思春期の好き嫌いって多分色々難しいこともありますし、まだ中学二年生、焦って結論を出さなくてもいいと言った感じか。


葵はといえば海都との過去から解放されました。

海都としても罪悪感から抜け出し、自分の問題を正面から受け止めようと柚たちの前から去りました。

柚奈といえば、オトナとして心も体も成長していき少しずつ大人になっていくのでしょうね。


全ては無難な結末でしたが、これからを考えさせるいい終わり方だったのではないでしょうか。

しかしひなどりGIRLのもですが今作も三巻で完結。

下手に長いよりはこのくらいの方が読みやすくていいですがね。


読み終えて思ったことは買ったらすぐに読んだ方がいいなってことですかねw

わかっちゃいるけどなかなかできません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。