シゴフミ 第1話 「コクハク」

・雑記(その他)
01 /13 2008
 町屋翔太は高校生でロケットを作るという少し変わった少年。それを見守る少女、綾瀬明日奈。ある日彼女の元に父親が遺体で見つかった知らせが入る。
 一緒に警察署に行き、翌日、廃ビルの屋上に行くと・・・。
 白い煙の中に、シゴフミ配達人・フミカと言葉を喋る杖・カナカに出会う。
 そしてフミカは自分の仕事を語る。明日奈の恋人に父親からの死後の手紙、シゴフミを届けに来たのだと・・・。
 
 父親の手紙を受け取る相手、すなわち明日奈の恋人になるため翔太はロケットを飛ばすことが出来たら彼女に告白すると決意する。
 フミカは、廃ビルの一角で、明日奈に関するビジョンをみる。急いでシゴフミを探すもカナカによって翔太の元にそれは置かれていた。
 手紙の中をみた翔太。初めは、自分を信じてくれた明日奈のように、自分もフミカの言うことを信じてみようと思っていた。しかし、手紙の内容には明日奈が父親を殺したと書かれていた。にわかには信じられず、いたずらだとも思い込む翔太。好きな明日奈はそんなことをするはずが・・・。ロケットを信じてくれた彼女が・・・。そんな感情が彼の警戒心を鈍らせる。
 明日奈の元に行きロケットを飛ばせるようになったと報告し、彼女に告白する翔太。しかし、そこにフミカが現れ、翔太はシゴフミ、事件の内容について話す。
 そして、明日奈は翔太に刃を突き立てた・・・。
 えー?青春で、告白してハッピーエンド?とか思いきや普通に刺されてます。おーい、翔太は生きてるのカナ?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

シゴフミ #01コクハク

面白くなければ即刻視聴をやめるつもりでした。これがペケなら今期取り上げるアニメ感想ゼロでも仕方ないかな~と思いつつ観てみたら、これキタ。 以下、ネタバレ感想です。 思春期の少年が味わう甘酸っぱい恋にキュンキュンしていたら途中からどす黒いモヤモヤが胸に蠢...

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。