バクマン 第3話 「親と子」

・バクマン。
10 /17 2010
おじさんの仕事場に着いたサイコーとシュージン。


原稿とネームを見て再度漫画家としての仕事を実感する二人。


そんな折、原稿とネームが仕舞ってあった押し入れの奥に手紙が。


おじさんが中学からやり取りをしていた女の子春野美雪との手紙で、更にアルバムの写真を確認してみると彼女は亜豆美保の母親だった。

手紙の中から読み取れる二人の伝えられない好きと言う気持ち、しかし春野美雪はおじさんの作品がアニメ化する前に結婚してしまう。

そして二人のやり取りはそれが最後にー。

実際に亜豆家を訪問し、亜豆の母美雪に真実を問いただす。

美雪は特に隠しだてする事なく事実を認め、漫画家になるというサイコー達を応援してくれるという。


おじさんの事、仕事場を与えてくれた祖父の事を踏まえてサイコーは漫画家になることを再度決意する。


今回はおじさんたちの話を交えて将来のサイコーたちが二の舞になる危険を孕んでいるのとそうならないようサイコーが覚悟を決めるという、中々に重要な一話でしたね。

展開的には話数に余裕もあるから何だかゆっくりな感じはしますがよくまとまっていて良いと思います。

しかしジャンプが実名で使えなかったのはなぜ!?

バクマン。 10 (ジャンプコミックス)バクマン。 10 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
小畑 健

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

バクマン。 第3話「親と子」

バクマン。の第3話を見ました。第3話 親と子祖父にもマンガ家になると伝えたサイコーは、祖父から叔父が使っていた部屋の鍵を譲り受け、早速叔父の仕事部屋へと向かいながらシュー...

バクマン。 第3話「親と子」

それはそれは見事な、立派なロール髪でした(^^; 亜豆ママン17歳の衝撃(笑) あの髪型が今回一番インパクトありましたねw DNA的...

◎バクマン。第3話「親と子」

おじの仕事場にやってくる。ヒーローのフィギュアーがならんでた。ジャンプが保管されてた。そして、仕事場にはいる。コミックの量だった。そして、原稿とネームをみせてもらうこと...

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。