CLANNAD 第13話 「思い出の庭を」

・雑記(その他)
01 /17 2008
年明け一発目。
内容いきます。
 ことみは父と母に大切に育てられていた。楽しかった日々。
 ある時たまたま家の庭に迷い込んで来た朋也。二人はそのまま友達になる。
 天才であるがゆえに周囲に友達はいなかった。しかし、朋也だけは違っていた。
 そしてことみの誕生日。父と母は講演のため海外にいくことに。両親に祝ってもらえることを楽しみにしていたことみは両親の事を「嫌い」といってしまう。
 そして両親は飛行機事故で亡くなる。 自責の念にくれることみ。そしてある日論文の控えを渡してほしいと、研究仲間である黒服の男が家を訪れる。しかし、見知らぬ人だからと追い返し、そして、テレビで両親の死を知る。
 自分が大嫌いなんていったから、わがままを言ったから―。
 神様は両親を自分から奪うという仕打ちをしたんだ。必死に部屋の中を探して歩くことみ。しかし、両親の姿はなく。
 行き着いたのは父親の部屋。そこには件の論文があった。その論文に火をつけて燃やしてしまう。
 自分がしたことに対して、ことみの選択は―。
 本で両親に関する記事を見つけては切り取り、両親の代わりは出来なくとも自分が少しでも両親の意志を継ぐ。そのためにも勉強する。そうすることで少しでも罪を贖えると思った。
 「今日は帰ってほしい」とのことみの言葉に朋也はことみの家をあとにした。
 翌日、ことみのことを知った智也は授業をサボってことみの家へ向かう。しかし、ことみは姿を見せない。立ち尽くす朋也。中庭を見ているうちに朋也は草むしりを始めていた。おぼろげな記憶とともに―。
 これに何の意味があるのか。それは分からないがそれをやらずにいられなかった。
 と、そのとき渚の姿が。三時間目が自習だったので抜け出してきたらしい。そして、ことみを立ち直せるには朋也の力が必要だという。
 翌日も、朋也は作業に明け暮れる。しかし、効率性の悪さから、このままでは作業を終わらせることは困難だと判断し、自分の貯金を崩して、道具をそろえる。
 途中で杏たちに出会う。ことみにプレゼントするヴァイオリンを手に入れたが、接触事故に遭い壊れてしまった。それで、修理してもらえる楽器店を探しているのだという。朋也も同行するが、なかなか修理してくれる楽器店は見つからない。結局修理してくれる楽器店は見つかったがことみの誕生日には間に合いそうにない。
 再びことみの家に向かい、杏たちも声をかけるが・・・。てめちゃめちゃ近所迷惑ですヨと思ったら朋也も同様のツッコミ。
 もう時間が遅いからと、草むしりを手伝おうとしてくれた渚たちを帰し、作業に没頭する。いろいろと不安を抱えながら作業をしているとそこには渚たちの姿が。みんな一緒に頑張ろう。という雰囲気で今回は終了。
 原作未プレイなのですが、改変があったようで。製作者側にとっては原作どおりにやるのも、変えてしまうのも難しいものなのですね・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。