シゴフミ 第2話 「ロケット」

・雑記(その他)
01 /23 2008
かなり遅れて2話です。

 翔太マジで死んじゃいましたね。まさか1話にして退場とは。
 今回の話ではなぜ明日奈が父を殺したのかが分かります。
 施設のおばさんがいうように父親は生前あまり良い人ではなかったようで。
 実はこの子、この年ながら、カラダでお金を稼ぎ、生計を立てるというとんでもないことをさせられてます。
 そして要望があったから妹にまで同じ事をさせると。すべては妹を守るために。それで明日奈は鬼になった。というわけです。
 明日奈はというと翔太の件で警察から追われる事に。髪を短く切って逃亡を図るがフミカに見つかってしまう。
 そして翔太からのシゴフミを受け取る。そこには散々恨み言が書かれていると思いきや…。
気付いてあげられなくてごめん。
 自分のことばかり、といいながら最後の最後まで他人のことを思いやる翔太。その想いに明日奈は。翔太のことが嫌いだった。と胸のうちを明かす。夢を持ち、それに向かっていく翔太。対して明日奈は・・・。翔太が日の当たる世界を歩いていたなら明日奈は日陰。彼女には翔太がどれほどまぶしく見えたことでしょう。
 結局、逃げていた明日奈も、翔太のロケットを飛ばそうと試みる。しかし、ロケットを飛ばすことが目的だったわけでなく、妹と自分の未来に対する希望を込めて―。
 ロケットは秒読み段階。しかし、シートが引っかかってしまう。シートのロープを切るため明日奈は走る。ロケットは―。
 飛んだ。空高く―。
 しかし・・・。刑事に突入したと勘違いした同僚が明日奈を謝って撃ってしまう。
 結局。明日奈もしんでしまい、妹のもとにもシゴフミが。
 しかし、この世界では常にこんなにもシゴフミが飛び交っているのでしょうか。こんな世界はいやですね・・・。殺し殺され・・・。しかし、シゴフミの中身で、人は変わることが出来るのでしょう。今回の明日奈のように。妹の美紅は明日奈の想いをどう受け取っていくのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。