神のみぞ知るセカイ (11)

・神のみぞ知るセカイ
01 /01 2011
明けましておめでとうございます。ポット(仮)あらため、ポットです。

さて、2011年初の記事は神のみで始めますかね。

では、11巻読みましたので感想を…。

神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)
(2010/12/17)
若木 民喜

商品詳細を見る


中身は追記で!


【中身とか感想】
今回も前回から引き続き春日檜の攻略から。

古代魔の影響で巨大化してしまった檜。檜の中にいる駆け魂を出すには、檜の心のスキマの原因ともなっている楠の力が必要であるということで、道場に戻り楠を呼ぶ桂馬。

風呂イベントも意も返さず楠を現場に連れていくって辺りが切羽詰まってますよねー。てか、桂馬が興味ないだけかwww

結局、檜の、楠の自分に対する尊敬に応えなければならないという一心が今回のような事態を招き、そこに桂馬が介入する余地はなかった。

今回は桂馬が攻略する、という形ではなく姉妹同士の想いをぶつけあうことで解決に至りましたね。

そして、強大な力をもった駆け魂をいとも簡単に拘留したのはなんと…桂馬の先生!?(ネタばれ注意のため伏字にします)

その後、祖に一件で力を発揮できず、すっかり落ち込んだエルシィを慰めるために桂馬が珍しくリアル女子に相談を。

二人で遊園地に行くことに。結局は桂馬のデリカシーのない発言でデートは台無しにはなりますが、いつも通りのままでいいとの桂馬の一言ですっかり元に戻ったエルシィ。

それより消防車の影響か!?

で、話はまた進展を見せることに。

桂馬の家に、家族旅行の土産を口実に訪れた天理に、遊びに来たハクア。天理の中の人(笑)ディアナとハクアに聞きたいことがあると桂馬。

ディアナは話すついでに天理にデートをさせようと再びデゼニーシーに。
相変わらずのKY桂馬はハクアも誘うことに。

そして、両手に華を手に入れた桂馬は、無理やりにでもデートに付き合わせようという二人に引きづり回され、遊園地デートイベントが発生!!

話は再び核心へ。

桂馬が今度開催される舞校祭で、今までの攻略した女子に接触して天理のような中に女神が潜む人間を探しだすという。

そして、ディアナには見つかった女神との接触を、ハクアには地獄に情報が漏れないように工作して欲しいと。

うーん…話は展開してるけど間があいてるから唐突な感じがしてならない。

話の流れにイマイチ乗って行けないなあ…。

まあ、それはもう一回単行本を読み返すとして。

さて、新たな舞校祭編スタートで女神発見なるか!?

そして、今回現れた古代魔を育てていた死神は一体!?

と気になる点を残して次回 12巻へ―。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポットペトル

当ブログは、ポットと12街の2人組で運営しております。

→2人のじこしょうかいとか

※LINKフリーですが、ご一報いただけるとうれしいです。
相互LINKも募集、歓迎しております。
いずれの場合も、こちらで受けますので、お願いしますm(__)m

またトラックバックも大歓迎ですので、お気軽にどうぞ!
不適切なトラックバック・コメントは削除いたしますので、ご了承下さい。

最近→2号店できました。